FC2ブログ


パテ屋とえんがわ [@自由が丘]

staff 齋藤

パテ屋。その名のとおり、パンなどに塗る手作りのディップを売っています。自由が丘から田園調布方面に徒歩10分。外観はまるで「ぐりとぐら」や「そらいろのたね」(みなさんご存知ですか?)などの絵本に登場しそうなお店です。豊かな木々の緑のトンネルを抜けると上品なおばさんとレトロな炊事姿のおねえさんが量り売りでパテを取り分けてくれます。
honnbunn.jpg


続きを読む

視線コントロール [プロジェクト進行中!]

幸い今まで設計してきた賃貸マンションはどれも満室で、古いものだと15年以上たつが3ヶ月以上の空きが出たことはない。
空室情報などの取材に応じられないと言う贅沢な悩みを感じるくらいなので心配はしていないが、やはり、責任範囲が設計だけと言っても入居率は気になる。
今回竣工した三鷹のK9.スタイル.ワンは4月竣工と時期が悪く、賃貸市場もやや停滞との情報もある。さらに誰でもが入れるわけではなく、ペットを飼っている人限定と言うこともあり、ちょっと心配。
K9bath.jpg

■毎朝、朝日の差し込むバスルームこのさわやかな開放感!(撮影日は曇り・・・)
⇒AllAboutJapanのレポート記事も読む

続きを読む

建築家コラム vol.02 / 「リートフェルト」 [建築家コラム]

staff 石村

Gerrit Thomas Rietveld (ヘリット・トーマス・リートフェルト 1888-1964)
オランダのモダン・アート・デザイン運動「デ・スティル」の中心メンバーの一人としても知られているリートフェルト。デ・スティルは美術運動のようなものですが、簡単に言えば様式で、長方形の板、角棒、場合によっては直方体などを3次元のグリッド上に、複雑に組みあわせた立体の面をさらに原色で塗り分けた、重力を感じさせないような構成、若しくはモンドリアンに代表されるような面や線で構成する抽象的な平面のこと。
ga68.jpg


■シュローダー邸 ユトレヒト/オランダ 1923-24
続きを読む

チャレンジャー?? [プロジェクト進行中!]

松庵プロジェクトは「連担設計」と言う総合設計制度を利用した設計ですが
何と!杉並区内での認定第一号なのです。
郵便局の開局の関係で1階だけが先行して完成する必要があり、「仮使用申請」と言う、一部だけ先行して竣工できる制度の申請もしたところ、こちらも第一号!
一物件で二つも第一号許可を取るケースなんてそうはないでしょう。
もしかして、ゼロワンオフィスはチャレンジャー?
syoanModel.jpg


続きを読む

バロメーター [murmur語録]

今は元気なのか、それとも疲れぎみなのか?何ヶ月も休みなしで仕事をしていると、自分でもわからなくなることがある。特別意欲的ではないだろうが、かと言って、それなりに仕事をこなしてはいる。。。。そんなときに
ahoDog.jpg


続きを読む

こだわりのデザイン--7:建築面積に入らない空間 [ゼロワンの設計を語ろう]

建物の一番の特徴であり大切な空間なのに、そこが建築面積に入らない設計をいくつかしてきた。建築の設計をしているのに重要なテーマの一つが建築でないと言う変な構図になっているようにも見える。alleyやpatioはそのまま建物名称にまでなっているが、その場所は建築面積に入っていない。どういう意味だ?

20050420205910s.jpg


続きを読む

Sound of Silence:とサイモン&ガーファンクル [建築家のオフタイム]

1964年デビュー時の録音はサウンドオブサイレンスはアコースティックギターだけで歌われていた。信じなれないことにレコード会社は、、、

SG.jpg


続きを読む

建築家コラム vol.01 / 「孤高の巨匠、ルイス・カーン」 [建築家コラム]

staff たか

Louis I.Kahn (ルイス・カーン:1901~1974)
ルイス・カーンは、コルビュジェやミースほどの知名度はないものの、彼らとほぼ同時代を生きたアメリカ人建築家。建築史を語る上で欠かすことのできない巨匠の一人である。私も彼の代表作「キンベル美術館」や「フィッシャー邸」などはなんとなく知っていたが、今回この文章を書くために様々な文献を読んだ。そしてそれを通して強く感じたのは、「ストイックな建築家像」だった。

luisIK.jpg
リチャード・ギア(?)を思わせるポートレート。そして、光の影のバランス。
続きを読む

table modern service@cibone(シボネ) [@自由が丘]

SA310005.jpg

staff 石村です

型にはまらない自由なスタイルでインテリア、音楽、ファッション、アートなど、本質的価値のあるデザインをトータルにライフスタイルを提案しているインテリアショップ「cibone」。
事務所から近いので昼休みにちょくちょくチェックしに行きます。
その3階にあるカフェ「テーブルモダンサービス」はランチから朝方までオープンしているので食事にこまったときなど便利。
http://www.cibone.com/

J君、自由が丘を満喫:バーに行ったの巻 [J (愛犬ジェイ)&etc.]

今日はご主人のお供でレゲエが流れる「ルードボーイ・カフェ」と言うバーに来た。
自由が丘の何気ない魅力のひとつに「犬にやさしい街」をあげておこう。この街は住宅街と活気ある商業地域が隣り合わせのため、日常生活が賑やかな街中に溶け込んでいるのだ。となると、、、
20050421153436.jpg

続きを読む

次のページ