FC2ブログ


菊竹清訓とアート・ブレーキー [建築家コラム]

愛知万博が開催され話題となっている。
多くの建築家が参画し、パビリオン建築の祭典ともいえる万博は歴史的に見ても注目される建築が多く出現している。ロンドン万博(1851年)の「水晶宮」やパリ万博(1889年)の「エッフェル塔」のように、その時点における最高の技術を駆使した象徴的建築物が多く造られてきた。
今回の万博は近代化運動や高度成長時代とは違い「愛、地球博」エコロジーをテーマに新しい姿が期待される。その総合プロデューサーが菊竹氏である。
20050423175113.jpg
■アートベレーキーとジャズメッセンジャース:ジャズの使者として半世紀にわたり活躍した。
続きを読む