FC2ブログ


建築家コラム vol.04 / 「松井 源吾」 [建築家コラム]

スタッフ なかの

松井源吾(1920~1996)
菊竹清訓や黒川記章、内井昭蔵、伊東豊雄を知っていても、「構造家」松井源吾を知る人は建築に携わる人々の中でもそれ程多くないことであろう。
早稲田大学理工学部51号館や、江戸東京博物館、世田谷美術館、シルバーハットの構造設計を行ったのがこの人である。

matsuigengo.jpg

構造設計とは、建物の架構(フレーム)の設計を行うことであり、建物の架構をモデリング→解析(通常時・地震時等での応答の検討)→構造図という図面に表現する。
構造設計者は、モデリングの部分においてその能力の差が現れる。
松井源吾は、幾つもの先進的な構造手法を用い、数多くの実務をこなしてきた構造設計者のパイオニアの一人であり、早稲田大学退官後、松井源吾賞を創設し構造設計者の育成・地位の向上にも力を注いだ。
続きを読む