FC2ブログ


浸水対策について@西原 vol.02 [プロジェクト進行中!]

staff nakano

先日の集中豪雨で、妙正寺川、善福寺川といった支流と合わせて、神田川流域が浸水の被害にあったのは記憶に新しいところです。弊社掲示板にもメンバーの方から質問が来ていることもあり、今回はその「浸水被害の分析」と「西原プロジェクトにおける浸水被害の可能性」を検証しようと思います。

まず先日の浸水被害は、都内全域ではなく『主に一部の限られたエリア全体が被害を受けた都市災害である』と言うことができます。
最も被害が大きかった神田川流域は、下流域の御茶ノ水付近こそ人工で造られた部分ですが、成り立ちは平川という自然川です。一方玉川上水は、江戸の人口増加によって生じる水不足を解消するため、江戸初期に造られた飲料用水・農業用水です。この2つの川が大きく違うのは、神田川は上流域が自然河川で低いところを流れいるのに対して、玉川上水は武蔵野台地の尾根部分(高いところ)を通っているという点です。


■計画地側からスポーツセンターを見ると、地面が下がっていることがわかる。
続きを読む