オオイタビ [建築と植栽]

staff たか

ooita.jpg

日当たりでも日陰でもよく育ち、塀やフェンス、石垣など壁面緑化に多用されるオオイタビ。ツル性の植物で、茎から気根を出して、90度の壁でもどんどん這っていくのが特徴です。
続きを読む

目黒区N邸 [プロジェクト進行中!]

staff 中島永弼

目黒区にて個人住宅を設計中です。
地下1階、地上3階のシンプルな形の木造住宅です。
ゼロワンらしく吹抜けをもった開放感のあるプランを計画していますが、大面ガラス前にスクリーンを設置したりバルコニーを敢えて壁で囲むなどすることで、外に開きつつも視線の当たりをつくることを意識しています。

P1040986.jpg

続きを読む

ツツジ(躑躅) [建築と植栽]

staff sato
ツツジ(躑躅):一般にツツジはツツジ科の植物で落葉性のツツジ類と常緑性のシャクナゲ類に分けられ、世界に850種程の野生種他、園芸種は2000種以上にもなる。(最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されている。) 4月から5月の春先にかけて、漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している)を数個、枝先につける。山地に自生し雑種も多い。
tutuji3.jpg

春先になると写真のようにきれいなツツジが道路際、家々の庭先やそこここに咲き乱れ、その鮮やかな色が目を楽しませてくれます。

続きを読む

ヒペリカム・ヒデコート [建築と植栽]

staff 濱口

すごく舌を噛みそうな名前ですが、公園や街路樹の植込みなどによく使われる品種です。ヒペリカムとはオトギリソウ属の総称で、キンシバイ(金糸梅、学名:Hypericum patulum Thumb)やビヨウヤナギ(美容柳、学名:Hypericum monogynum)などと同じ仲間になります。

5~7月に咲く黄色の花がとても印象的です。ちょうど梅雨のじめじめとした時期に、ぱっと明るさを与えてくれるのも良いですね。

hidcote.jpg



続きを読む

ビストロ レスカリエ [@自由が丘]

staff 濱口

「ラ・トゥール・キャンデラ」の設計時にテナント設計者として関わりのできた方から、先日お電話をいただきました。自由が丘でまた一軒お店が出来たから、ぜひ来てみてとのうれしいお誘いです。

bistrot.jpg


場所は「自由が丘ロール屋」のすぐお隣り、「ビストロ レスカリエ」。デッキ張りの階段を上っていくと、こじんまりとした店内には男衆がずらりと座っていました。実はオープン前に行われた職人さん達での完成祝賀パーティーだったのです。店主でありシェフの金成さんの料理による感謝のしるしに、なぜだか私もちゃっかりと便乗させてもらっちゃいました。


続きを読む

アイビー(ヘデラ) [建築と植栽]

staff 戸田真

観葉植物としても有名なアイビー。
つる性の低木(グランドカバー)で、日陰でも育ち冬にも寒さにも強い植物です。
鉢植えの他にも庭植えにしてフェンスにからませたり、寄せ植えの材料としてもよく使用されています。
アイビーの種類は、500種以上あると言われ、大きなものから小さなものまで幅広い品種があります。
実はこのアイビーという名は愛称で、正式には『ヘデラ』と言います。中でも一番馴染み深いのは『ヘデラ・へリックス』という品種で、殆どの方が目にしたことのある植物だと思います。

アイビーと呼ばれる理由として、これは「ウコギ科のアイビー」を指すラテン語の学名なのです。
アイビーにはウコギ科とブドウ科の二つがあり、種類が圧倒的に多く世界に650種ほどあるというのがこのウコギ科です。

hedera.jpg
<ヘデラ・へリックス>

続きを読む

コクチナシ [建築と植栽]

staff nakamura

2008年年明け、一番最初にご紹介する植栽は、コクチナシです。クチナシと比べると葉も花も小ぶりなコクチナシは、横に這うように伸びるのが特徴なので、グランドカバー向きな植栽の1つと言われています。

月桂樹1


ゼロワンの建物ではsakuramiraで使いました。以前ご紹介した月桂樹の足元を覆っているのがコクチナシです。
続きを読む

あけましておめでとうございます。 [01スタッフより]

2008.gif

あけましておめでとうございます。
本年もスタッフ一同、頑張って参りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。