fc2ブログ


仙川PJ現場報告 no.2 [プロジェクト進行中!]

staff 高本

仙川PJの現場状況をお知らせします。
写真は、コンクリート打設前の1F床・躯体工事の様子です。
配筋

仙川PJで採用している構造は、「ボイドラーメン構造(RC構造)」と
いい、銀色のストライプは、中が空洞のパイプになります。
パイプがある部分の床の厚みは約350mm(場所に応じ250mm~450mm)
になり、一般のマンション と比較して、特筆すべき厚みです。
パイプが埋め込まれたコンクリートの床は、構造上、小梁の連続
体となります。そのため、長い距離でも飛ばせるシンプルな構造
として、自由設計を可能にします。
また、その床厚は上下階の遮音性向上にも有効です。


続きを読む