津山城 模擬天守閣 [01スタッフより]

staff kobayashi

お盆前に両親の故郷である岡山県津山市、美作市へお墓参りに行ってきました。幼い頃から年に1回は里帰りをしています。育った地域でないものの第二の故郷という実感が最近出てきました。

続きを読む

2013 Jの夏休みアルバム [J (愛犬ジェイ)&etc.]

staff sato
先週新潟の妙高山に登ってきました。

DSC01372_R.jpg

久々の山登り、最近すっかり動作が鈍くなったJが心配でしたが、好きなことをやっている時は人も動物も元気になるもんですね。

DSC01378_R.jpg

相変わらず船頭は自分とばかりに一番前を歩きます。

DSC01409_R_20130823202954e58.jpg
DSC01391_R.jpg

中腹までくるとかなり道が険しくなり水量と水流の速さに阻まれこれ以上上に登ることを断念。
下山の前に大好きな水浴びは忘れません。

続きを読む

映画 天地明察と和算 [01スタッフより]

staff 植田開

唐突ですが、映画 天地明察のレンタルが開始されていました。
荒筋は、算数を用いて正しい暦(こよみ)を導く和算家の姿が描かれます。

映画の詳細はこちらを見ていただくとして、面白いのは和算という日本の鎖国時代に独自に築かれた算数です。
早速、この本を購入。
IMG_20130819_221827.jpg

和算の歴史から始まり、『塵劫記』(じんこうき)と呼ばれる当時のベストセラー本(!)の存在、映画にも登場する和算家 関孝和について。
そして、生活に役に立つ設問から、世界の奥行きを感じさせてくれるような桁の概念などが紹介されています。

少し抜粋しますと、自分の背よりも遥かに伸びる大木の高さを、正方形の紙一枚と紐と石(重し)を用いて測る方法が当時の図付きで紹介されていたりします。
この便利な生活の知恵は、直角二等辺三角形についての説明で解決されます。

余談は広がり、当時のベストセラー現象についても記述されています。
どうやって本を複製したか、そして、複製に対抗して原本を4色刷りにした結果、印刷技術が大躍進を遂げた等々。

そろそろ、涼しくなる季節ですから、是非とも読んでみてください。

tdk邸 [01スタッフより]

staff 佐久間

2012年の冬に竣工したプロジェクトをご紹介します。

プロジェクト名は"tdk邸"
自由が丘にあるコーポラティブハウス"J-alley"に、新しく入居される4人家族のための改装工事です。
IMG_9111のコピー
LDKより子ども室を見る

続きを読む

テラスを見ながらのキッチン [クライアントは僕]

どっちをむいて仕事をするのか?
本当のお仕事もその姿勢なり、誰のためになるのかと言う矛先はとても大事ですが、ここでのお話はもう少しお気軽に目線のお話。

我が家のキッチンは対面式と言われるアイランド型のカウンター。
だけれど、むいている方向はリビングでもテレビでもありません。
そうドライエリアのグリーンに向かってます。
暮らしてみて6年を過ぎ、んー、やっぱり正解だったなと。
いつもどっちをむいているのか、何が目に入るのか?
実はとても設計する上で大事なポイントなのです。
写真-(3)

素材選び [世田谷赤堤コーポラティブハウス]

staff hamana

先日、赤堤CHの組合結成を終え、残り住戸もあと3戸となりました!

緑いっぱいで、稀にみる整形な敷地。地下駐車場、エレベーターも完備された希少なコーポラをぜひご検討ください!
赤堤CHプロジェクトwebsite

さて、プロジェクトの現状は、、、
設計チームはスケルトンとインフィルの設計を並行して進めています。
毎日構造、設備との連絡、各メーカーとの打合せを分担して行っています。

そんな中、増えていくものがこちら。。。

sample1.jpg



続きを読む

根回し [ゼロワンの設計を語ろう]

今工事中の吉祥寺PJのシンボルツリーを決めに行って来た。
常緑で3階の窓からも見える樹高となると、意外と選択肢は少なく、今回は事前にクスノキあたりに狙いを定めていた。クスノキの生産(!)畑は成田から海岸のほうへ行った場所にある。同じような形、大きさの木がずらりと並ぶ。皆、主の幹がすっと垂直に立ち、整った樹形が整然と並ぶ様は、正に生産という言葉がぴったり。
そんな優等生が並ぶ中、一本だけ先が大きく枝分かれし、途中の枝も暴れるように乱れている木を見付け、迷わずその木を選んだ。さしずめ、農協なら、はねられてしまうのかもしれない。もともと、クスノキはまとまった形のものが多く、ちょっと物足りなさを感じていたので、何百本とあるある中、一本だけあったその木は出会いそのものだと思った。造園農家の人も造園業の人もちょっと驚いていたようだ。笑)。
成田から吉祥寺に移植するためには、根廻しと言って一年前から根を切るなどの準備をしておかねばならない。なので、来年完成の計画なのに今から木を選ばねばならないのだ。これぞ、「根回し」の語源。まことに用意周到な万全の準備、これなしだと、枯れてしまうリスクが高いらしい。

整然と並ぶ木



選んだ木