新国立競技場のやり直しに当たって思う事 [murmur語録]

ちょっと、長文になるが、今回の新国立競技場騒動について、不思議と誰も言わない疑問があるので記したい。
建築関係者の中では、コンペ覇者のザハ・ハディドと審査委員長の安藤忠雄ばかりに責任論が集中していることだ。
無論、2人は元凶と言われても止むを得ない立場であり、責任があることは確かではあるが、実務レベルの設計者は誰だと問いたい。彼らは設計者ではなく作図しかしない立場なのだろうか?コストなんて関係なく、無事完成すればいいと請負っているのか?そんなはずは無い、設計料だって責任だってデザイン監修のザハより大きいはずだ。
ゼネコンも国際コンペで選ばれた国家プロジェクトという事で、コストに対しての意識が薄かったとは言えないだろうか?
工事費の高騰が、人件費、資材などの物価の上昇とキールアーチを持つ特殊なデザインの2点ばかり言われているいるが、誰もコストを抑えようといった、当事者意識の欠如が拍車をかけたと考えられる。
実は当事者達は発注者側も含め、コストがこんなに問題になるとは考えていなかったのではないか?
実務設計者は技術的に施工可能な様まとめる事、発注者の要求をもれなく織り込むことなどで精一杯。ゼネコンはスケジュールどおりに完成させるべく、調達やら仮設計画などで精一杯。JSCや文科省、国はそれこそ予定通り実施できれば良く、気にしていたのは面子だけ。こんな体制でコストが予定通りに納まるわけがない。

ザハ競技場
画像:「myscape.jp」より


しかし、より本質的な問題は、、、
続きを読む

夏こそ本を [01スタッフより]

staff 安藤

伊坂幸太郎さんの小説が大好きで、読んでいます。
このところ、わけあって離れていましたが、
「グラスホッパー」が映画化されるというニュースを見て、
彼の小説への熱が再燃し、久しぶりに書店で手に取りました。
彼ならではの「勧善懲悪」が楽しめる短編集で、
読みやすく、読後感も良く、オススメです。

isaka.jpg



続きを読む

J-alley D住戸 賃貸入居者募集中 [プロジェクト進行中!]

staff 安藤

ゼロワンの事務所があるコーポラティブハウス【J-alley/自由が丘】。専有面積110㎡超、ゆったりとお使いいただけるD住戸にて、賃貸入居者を募集しています。南側と住戸中央にある2面の光庭が、「暗いのでは?」といった地下住戸に対するイメージを払拭してくれる、そんな住戸です。

alley_2015071618133013a.jpg


続きを読む

タコライス! [01ランチ]

staff 中島永弼

4月から始まった、スタッフまかない。
01ランチも今日でひと回り。
本日のランチは私が担当、タコライスです。
ジメジメが続いてますが、お昼くらい夏っぽいもの食べたいですよね。
IMG_7473.jpg


続きを読む