FC2ブログ


生き残るには [murmur語録]

この世で生き残るのに必要なものは何か?
強さ?大きさ?
いずれもあるに越したことはないが答えはNO。

08.jpg

(「健康」だ!。それも正解だが、、それでは話しが終わってしまう。今取り上げたいのはそういうことじゃなくて、、、)

取り巻く環境は絶えず変化している、それに対応できなければ
恐竜に象徴されるように大きくても、強くても、生き残れない。
一番必要なのは「適応力」
アフリカにはゾウやライオン以外にも多くの動物、生き物が共存しているが、環境に適応するよう進化できたものだけが生存しているのだ。

さらに己を知り、自分の強みを活かして生きていく。
いくら強くても、大きくても相手の逃げ足が速ければ捕らえることはできない。行動でも変化でも「スピード」があれば生き延びることができる可能性は高まる。
しかし、誤った方向やタイミングでは元も子もない。そこで必要になるのが「知」。スピードがなくとも、隠れたり、相手を知ってかわしたり、もしくは最初から避けるなど回避の方法や究極は立ち向かうのも、元になるのが「知」だ。
人間は一番身軽な裸で生まれ、服を着る。これで、気温の変化に対応しているのだ。知の力で適応力と言う最大の武器を手に入れた。
自分を知る知恵、相手を知る知恵、守る知恵、鍛える知恵、戦う知恵、判断する知恵、考える知恵、知識を生かす知恵、知識を習得する知恵。。。。結局は「知」に行き着く。知は習得に活用が伴って初めて活きる。「適応力」「スピード」「知」企業も同じこと。
次回は「知」について考えてみたい。

コメント

しかして人は知る事によって間違う事あり。
また苦しむ事あり。「知恵出でて大偽あり」
とは老子。また考えてばかりでは凝視の地獄
手と足を動かしなさいとは孔子?孟子?(どっちかです)

知覚として見聞き感じたものを知識として織り込んでいく。その積み重ねの中で瞬間的に対象についてまた事にあたった時にインスピレーション的に相手を見抜ける、本質が分かる、対処法が頭に出る・・・。私の知恵の定義はこんなところでしょうか。

知のお話楽しみにしております。
  1. 2005/05/12(木) 00:59:18 |
  2. URL |
  3. 金原宏治 #-
  4. [編集]
URL: