FC2ブログ


ナレッジ-マネジメント(K-M) [murmur語録]

「知」には2種類、「形式知」と「暗黙知」に分けると言う考え方がある。形式知は目で見えるものに置き換えできる知で、言葉や図表などで伝達できるもの。暗黙知は言葉などでは説明しにくいもの、勘であるとか、経験に基づく判断、技、発想などで伝えにくいものをさす。
ナレッジマネジメント(K-M)ではこの暗黙知をデータベース化して共有し、皆で活用しようと言うことらしい。そんなことができるなら、ぜひ取り組みたいが、言葉にならないものをどのようにデータ化するのかが難題だ。
04a.jpg

たとえば、初めて自転車に乗る人にその技術を言葉だけで伝授することは難しい。実際に乗れるようになったとしても、街中のさまざまな状況に対して、とっさに判断できるようになるにも形式知(言葉や知識)だけでは難しい。

設計における、ミソの部分はほとんどが「暗黙知」
たとえこれをデータベースに出来たとしても、その活用の時点でまた暗黙知が必要となる。設計手法、建築計画概論、ディテール集、法令集、、、形式知や暗黙知のデータや情報は巷にあふれている。もちろんこれらは必要なデータであるが、データがあれば誰でもが設計できるものではない。

場を読む、空気を感じ取る、タイミングを計る、、、、コーディネートのツボもまた、ほとんどが「暗黙知」。コーポラの場合、重要な仕事のほとんどが暗黙知と言ってもよい。

この暗黙知が企業の空気となり、イメージとなっていく。
暗黙知を一つでも形式知へ変換し、全員で共有することが企業レベルの底上げにつながる。とは言え、知識の整理や積み上げだけではほとんど意味がない、必要なのは「調べる習慣とデータの活用」の習得が基本であり、必要な辞書の整理、辞書そのものの情報収集。
知識は暗記するのではなく、すぐ引き出せることが重要だ。知識に基づく知恵。記憶力に基づく想像力。何よりも大事なのが「考え方と調べ方の訓練と基礎知識の習得」だ。特に考えることの重要性は何にも勝る。考えのない行動は作業であり処理でしかない。

どうもナレッジマネジメントの実質的な有効性は自己整理の部分において発揮されるように思う。マネジメントそのものが知恵を要求してくる。
ブログも一つのツールとしてありえるかもしれない。

コメント

学生のときに大学の図書館で面白いビデオを見ました。NHKスペシャルの「脳」についてもものです。
その中で記憶をつかさどる海馬を事故で傷つけて機能しなくなってしまった人が登場してきます。その人は、生活の中で新しい知識を吸収することが全くできなくなるばかりか、今やったことさえメモに残しておかないと忘れてしまうという事例が紹介されていました。では、その人は普段何もできないのかというとそうではなくて、きちんと働いているんです。ただし、その仕事の内容がユニークです。
その方は椅子職人として働いているんです。つまり、知識としての記憶は一切吸収することをできなくなった人でも体で覚える仕事にはつく事ができるということを証明していました。
正直、たまげてしまいました。
不思議です。
  1. 2005/05/15(日) 12:16:38 |
  2. URL |
  3. New staff うの #-
  4. [編集]
ナレッジマネージメント、頭では分かりますが腑に落ちませんね。外資系の企業コンサルタントが好んで使いそうな言葉であり企業や
目的を持った集団のそれと個人の中で完結する自転車を乗るとか特別な技術の習得についてのそれでは意味合いが違うのでは。

会社や企業などで使われる場合は末端までの
リアルな情報を共有しよう程度の一種の組織論に過ぎないのではないでしょうか。

何をして暗黙知というのかそれは個人、家族
集団、民族、人類といったレベルで違ってきますよね。よく分かりませんがナレッジマネージメントって知識を二つに区分けして名称をつけた以上に何か新し意味があるのでしょうか?
  1. 2005/05/20(金) 14:08:33 |
  2. URL |
  3. 金原宏治 #-
  4. [編集]
金原さん、こんにちは。実は、僕もK-Mについて同じような印象をもっているのです。
組織論の経営手法、マネジメントの一つのツールとして、いま少し注目を浴びているものだろうと。
時代時代でこのような手法は色々出てきていますよね。かつてのTQC活動やISOなど社会現象にもなるものから
K-Mのように小さな動きまで。TQC-デミング賞なんて、今は何処に行っちゃったんだろうという感じですが
僕はその手法的なテクニックや活動そのものより、考え方に興味があり、
それはそれで汎用性あるものが多く、自分なりに解釈をして意識することが有効だと考えています。
今回のK-Mも「経験」や「にらみ」などで進めている現状の仕事振りを改めて整理することの重要性を感じました。
  1. 2005/05/21(土) 11:36:54 |
  2. URL |
  3. 伊藤 #GVtlOqMc
  4. [編集]
URL: