黄昏のSwd house [プロジェクト進行中!]

staff:濱口

前回の更新から約1.5ヶ月。Swd houseの工事は順調に進んでいます。

swd1102-1.jpg

この日現場を訪れたのは日が暮れるわずか手前、
急に寒くなってきた季節、
足場と養生シートの奥に垣間見える照明の明かりが
工事用と分かっていても暖かさを感じさせます。

swd1102-2.jpg

壁の中には断熱材がしっかり入っています。
まるで、ふんわりとした厚手の布団のようですね。
(壁から飛び出しているのは電気配線のための一時的なもの。)

swd1102-3.jpg

日も暮れて随分と経ったあたりで、大工さんらはやっと帰り支度。
画像は、設備業者さんと一緒に丁寧に掃除をされているところです。
「大工は日の出から日の入りまでが業務時間」といった
イメージがなんとなくありましたが、それも昔の話なんでしょうか、
朝早くから夜けっこう遅くまで体力仕事、おつかれさまです。


さて、なぜこの時間に現場にやってきたのか、
それは、お施主さんとの現場確認のため。
お施主さんもお仕事帰りで大変お疲れのところ、
快くご対応いただき、ありがたい限りです。

床、壁、天井の下地が出来上がってきて、
部屋の広さが感覚的にもだいぶ分かってきたと喜んでいただけました。


URL: