新たな住まいの誕生 [プロジェクト進行中!]

夏から工事を進めいていた住宅の完成引渡し。
その最終検査に施主の家族と一緒に行ってきました。

初めて見る子供たちは両親と「わー、すげー、かっこいい!」
「ねえ、ねえこっちも・・・!」「ここがパパの部屋??!」
とあちこち走り回って大はしゃぎ。
で、一通り見た後は、ご覧の通り、早くもすっかり馴染んでしまった様子。
もう、ここ僕んちだよね!と、床に寝ころんでゲームに夢中。
いいなあ、こういう天真爛漫とした子供らしさ。
これだけ喜んでもらえると、本当にこちらもうれしくなります。
swdリビング




新しい住まいを持つ喜びは、結婚や子供の誕生にも匹敵するくらい
生涯を通じても指折りな至上の喜びのはずです。
ところが、一方では、住宅業界はクレーム産業とも言われている現実もあります。
喜びを共有できる職業冥利もある一方で、
最後に不平不満が残ってしまうケースもあり、
その差はそれこそ天と地ほどの違いです。
もちろん、その原因には設計による影響というのもかなり大きく作用します。
本当に設計すると言うことの、責任と立場の重さは
何度、肝に銘じても十分と言うことはありません。

URL: