fc2ブログ


ゼロワンオフィスのロゴ [01スタッフより]

スタッフうの
20050519211906.jpg

ゼロワンのロゴに Futura(フーツラ) というフォントが使われているのをご存知だろうか?パソコンにインストールすれば誰でも簡単に使えるフォントである。 ところで、Futura と ZERO-ONE OFFICE は誰が見ても別のフォントには見えるのではないだろうか?これだけ個性的でありながらも文字組みによって様々な印象を与えるのが Futura の特徴である。
さて、Futura とはどんなフォントなのだろうか?
20050519211917.jpg

Futura は時代がゴシック体から離れ新たなタイポグラフィが模索されていた1900年代前半、正確には1925年ドイツで誕生している。
一見するとそのデフォルメされた形が現代的な印象を与えるタイポグラフィだが、ヘルベチカの登場に比べると30年以上も前のことである。デザインしたのはポール・レナ-というドイツ人だ。
Futura の特徴は円や三角形、四角形といった単純な基本形に基づいている。当然、他の歴史あるタイポグラフィと同様 Futura も厳密に計算されたフォントなのだが、それ以上に大胆さが目に飛び込んできて見るものを理屈抜きに楽しませてくれる。
大文字の「C」「G」「O」などの「正円」が基本になっているものと「B」「E」「F」などの長方形がベースになっているものではまるでひとつのタイポグラフィとは思えないほど文字の幅が異なる。したがって、Futura で文字を組む場合それらのバランスがうまくいったときほど Futura にしか出せない味がでるということだ。逆にいえば文字の組み方次第で Futura の可能性をどこまでも広げられるというのは大げさではないと思う。
ZERO-ONE OFFICE は「Z」や「E」などの幅が極端に狭く、抑制が効いているのに対して「O」「N」「C」の大きなふくらみが所々に入っていることで、ZERO-ONEという一見無機質な印象を与える言葉がやわらかく表現されているのではないだろうか?
そんなわけで仕事の合間などにためしに異なるフォントでZERO-ONE OFFICEと打ち込んでみても僕の知るゼロワンのイメージには到底ならないのである。

コメント

ゼロワンオフィスを設立したときに、会社のロゴを考えた。
そのときの選択や判断はある意味で、個人的な勘や好み、バランスなど「にらみ」で選んだ。いわば暗黙知による決定だったのだが、ここで、宇野くんは当時の僕の頭の中を形式知に置き換えてくれたわけだ。なるほどね。ナレッジマネジメントの一端。
イメージや考えを言葉に置き換えることは、設計においても、とても大事なことだよね。
  1. 2005/05/19(木) 22:10:02 |
  2. URL |
  3. 伊藤 #GVtlOqMc
  4. [編集]
所長、コメントありがとうございます。
僕は建築について素人であるということを踏まえて、今自分が感じていることや自分が感じた空間体験をできるだけ正確に言葉で表現していきたいと思っています。表現しまくって軌道修正しながら建築のこと、コーポラティブハウスのことを吸収していきたいです。
  1. 2005/05/19(木) 22:38:29 |
  2. URL |
  3. 宇野 #-
  4. [編集]
URL: