FC2ブログ


発想のきっかけ [建築家のオフタイム]

このブログにおいて数々の建築家やジャズ.ミュージシャンのことを書いてきたが、僕は評論家でもないし、研究者でもない。よって興味の対象は、同じものつくる側の立場として、作者の気持ちやそのココロ、ハウツーや手法、そして作品や人物の背景、評価に偏っている。ライフワークである建築設計にとって、その参考になるかどうかが大事のようだ。(と、読み返してみて気が付いた)
読んでいただくと言うよりは、自分自身のために書いているような感じかも知れない。位置付けとしては、やはり「建築家のオフタイム」。直接仕事に必要なカロリー補給ではないが、いわばサプリのようなもので、このような取り組みは間接的に建築設計の糧となり、自己研磨になっている。
20050524180459.jpg

曲作りや文章も建築設計においても、始めの一歩、取っ掛かりに苦労することが多いせいか、人の創作スタンスや発想のきっかけは興味深い。
曲つくりで言うとイメージ先行、鼻歌から入っているようなつくリ方は天才肌。一方、きっかけは理詰めで楽譜片手につくり出す人は努力家のイメージがある。
独断ゆえ反論も多いだろうが、努力家的な曲つくりが多いのはポールサイモン、オフコースにベートーベン、マイルスデイビス!。苦しんだり、喜んでいる姿が目に浮かぶ。曲そのもののイメージより、曲つくりのイメージ、コンセプトやテーマ等を考えることが先にあると思われる。
反対にきっと天才なんだろうと思わせる曲が多いのはポールマッカトニー、桑田圭介にモーツァルト、レッドガーランドかな。ひらめきが豊かで、単純に楽しんでいるかのようだ。リズムでも詞でも何でもひらめきのきっかけがあれば、どんどん作っていく。チャレンジさえも実験してみるか!と言ったノリなんじゃないかな。
個人的な傾向を分析してみると、聞き流したり、車の中では天才肌の曲が多く、家で向き合うには努力家タイプの曲といったようになんとなく分類できそうだ。そして、ずっと聞き続けてファンだと思えるのは努力家派のほうが多い。
で、僕の設計スタイルはと言うと、両刀使い。理詰めで取っ掛かりを探った上でイメージを膨らませたり、イメージを具体化すべく検証しながら図面に落としていったり、、、、ケースによる。おっと、誰でもそうか、みんな同じか。(笑)
やや理詰めで進めるほうが多いのは、ひらめきが少ないからなのか?いや、東京で経済性と法規を考慮するとまずは理詰めで全体像をつかむスタートにならざるを得ないのだ。

コメント

バッハの譜面が発見されましたね。映像で見るそれは、手描きで密度の濃い重厚感あふれるものでした。音に携わっている人たちは、「譜面を見たい!」と思ったことでしょう。ナマの音を聴く前に、はやく、はやく、自分の心のなかでバッハを蘇らせたい、というような。
建築設計者が時折口にする「お、図面みせてよ」の言葉の中にも、同じような気持ちが、ありますよね。実物になる前に、模型でもなく、パースでもなく、図面。線と数字と文字だけの世界ですが、一番夢と可能性が含まれている状態かもしれませんよね。
今、ひいている図面が何十年も後になって見出されて、「おお、この図面は!」なんて言いながら食い入るように見てくれる人がいたら、それはそれでイイ話ですよね。
建物は、やはりいつかは寿命が来ますが、
設計図に描かれた思想は、永遠ですから、
そういった意味でも、音楽の譜面と建築の図面は同じように美しいものだと思います。
  1. 2005/06/09(木) 21:56:22 |
  2. URL |
  3. ono #-
  4. [編集]
図面をひかなくなって久しいですが、図面ってその分量を見ているだけでも、感動します。

オペラシティーで開催中の『谷口吉生のミュージアム展』。谷口事務所の新生MoMAの図面を見ることが出来ます。もちろん手描きではないのですが、時間を忘れてめくり続け、見入ってしまいました。
平日の早い時間に行かれれば、タップリ見られるかと。お薦めです。
  1. 2005/06/10(金) 19:18:30 |
  2. URL |
  3. Mrs.コーポラの友 #-
  4. [編集]
それ,僕も見ました,新聞の写真で。
達筆と言えばいいのかなあ、とにかくかっこいいくらい上手いドローイング。なぜかそんな楽譜を見ただけで、うれしくなっちゃったのは僕だけじゃないですよね。
楽譜を誉められるのってのは、作曲者にとってどんな気持ちなのでしょう?図面が上手いと誉められると、中身をさておき、それだけでもうれしいのは建築の人だけなのかな??
あと、ONOさん、施工図のチェックもいいですね。こっちも負けずに気持ちや苦悩がこもっている。

谷口展に行ってきたのですか、いいなあ、僕も行かなきゃ。
実施図がいっぱいあるらしいですね。ショードローではない図面を見るのって
実はあまり機会もないし、一番興味があるところだったりします。
  1. 2005/06/13(月) 22:55:22 |
  2. URL |
  3. 伊藤 #GVtlOqMc
  4. [編集]
URL: