レオナール・フジタ展 [01スタッフより]

staff maruyama
私は画家の藤田嗣治が好きなのですが、今年はレオナール・フジタが渡仏してから100周年だそうで、いま渋谷でも開催中です!
mainvisual.jpg
↑画像はBunkamura HPより抜粋

藤田の絵は線が細く、透き通るような乳白色が特徴的だと思います。
繊細でありながら強さもあって、ずっと見ていられそうなくらい魅力があります。
以前上野で大きな展覧会が開かれていて、その時も猫の絵の毛がすごくふわふわで気がついたら随分時間がたっていました。。
実はまだ見に行っていないので、そろそろ行かなくちゃと思っています。

藤田は彫刻家でもあります。
フランスには最後に暮らした家がそのまま記念館として残されているそうなのですが、写真で見る限りでも家の中は手作りのものであふれています。
木工以外でもミシンも得意で、テーブルクロスなんかも作っていたようです。
身の回りのものを自分で作ると、きっと愛着も使い方も全然変わってくるのだろうなと思います。そういう暮らし方、すごく憧れます。
一度は見に行きたい!

ちなみに、ブンカムラに行ったら下のカフェでタルトタタンをたべよう!と決めています。
こちらもとてもおすすめです。

レオナール・フジタ ポーラ美術館コレクションを中心に
10/14までBunkamuraで開催中
(9/11~9/19は版画展も行われています!)
URL: