FC2ブログ


暮らしの中の家具の役割 [01スタッフより]

staff 安藤

暮らしの中の家具の役割について、ここ最近よく考えています。

コーポラティブハウスを企画する立場として、いままでは「自由設計の住まいづくりでは、思い通りの家をつくることができますよ」というアピールをしていました。家事動線を考えた間取りにするとか、好きな仕上げ材を選ぶとか、浴室に凝るとか・・・力の入れ具合は人によって様々ですが、要は設計段階で自分の好みを反映できる点が自由設計の最大のメリットだと思っていました。

しかし最近は、なにも建築でつくりこまなくても、置くもので自分らしさを表現し、快適さを生み出すことができると思うようになりました。その最たるものが「家具」です。

家具を自分好みのものにする、ちょっと気分転換に変えてみる。暮らしを包む家自体はそれほど凝っていなくても十分に楽しめるのだと気づいた瞬間、なんだか肩の力が抜けて、現在進行形で暮らしを楽しむコツがつかめたような気がしました。

ちなみに私はお気に入りの壁面本棚を中心に、自由設計で住まいをつくりました。本棚には日々新しい本や雑貨が並びます。こうしたものの入れ替わりに目を向けると、暮らしを楽しむきっかけが劇的に増えると思います。


URL: