身近なデザイン。vol.2 [01スタッフより]

staffうの

朝起きて、ゼロワンへ行く支度をして最後に身に付けるもの、
それがこの腕時計です。
僕の相棒としてくる日もくる日も僕に覗かれています。
相棒がいない日も間違えて覗いてしまう有様です。

みなさん、ご存知のスウォッチの定番モデル。
けして、高価なものではありません。
でも、僕にとってはかけがえのないもののひとつ。
姉が高校生のときに使っていたものを
僕が気に入って姉から譲り受けてからもう8年が経ちました。

RIMG0197.gif

大学でプロダクトデザインを学んでいて、どうしても
譲れなかったことがあります。

それは、ものの価値を最後に決めるのは
それを使う人だってこと。

クリエイティブってなんですか?

その答えを求めて明日もスウォッチを腕にはめてアパートを出ます。
「あっ、電気消し忘れてもうた。家、戻らな。」

コメント

うのさん。初めまして。
Daily EssayのHULです。
遊びにきました。
淡々と、ちゃんとしてる感じが
私はすごく好きです。
また遊びにきます。
  1. 2005/08/24(水) 23:55:46 |
  2. URL |
  3. HUL #-
  4. [編集]
HULさん、コメントありがとうございます。
この話は僕が世の中に広めたい壮大なメッセージなんです。
HULさんのブログも素敵でしたよ。こちらこそ、また遊びに行きます。
  1. 2005/08/25(木) 02:01:36 |
  2. URL |
  3. うの #sZuoGHFE
  4. [編集]
URL: