FC2ブログ


建築は私事? [01スタッフより]

staff..戸田真..

冨樫 美穂さんの言葉。

ちなみに、
冨樫美穂(とがし みほ)
株式会社ウィルビー 代表取締役
1976年生まれ。短大在学中に携帯電話を販売する事業に携わり、卒業後に個人事業主として携帯電話の小売及び卸売業を始める。2002年、不動産賃貸仲介業を営む株式会社ウィルビーを設立。
ウィルビー http://www.will-be.co.jp

松庵プロジェクトの仲介をして頂いている会社の1つです。

「ひとは何のために仕事をするのか?」食べる為、生活していく為、好きなことをする為、お金を稼ぐため、成長のためなど、答えは色々あると思う。そういえば、先日のセミナーでも同じ内容の話がでていた。「何のために仕事をするのですか?」の質問に対して、ほとんどの人が上記のような答えだった。これを私の事と書いて「私事(しごと)」といい、仕事ではないとの話だった。では、本当の仕事とは何か?読んで字のごとく「人に仕える事」である。言われれば当たり前だけど、どれだけの人がそう思って仕事をしているのだろうと思う。基本的に仕事は相手(お客様)がいて成り立つのに、自分の為に働くというのはおかしい。この矛盾が仕事がつまらないとか面白くないと思う人の原因になっているのではないかと思う。世の中の働く人が皆、私事ではなく仕事をすればきっと、もっと楽しい世の中になる。その為に出来ること。まずは自分、そして社員が私事ではない仕事をすることだと思う。私の考える仕事は、自分を捨てて相手の為にということではなく、相手の為にすること、相手が喜ぶことが結局は自分にフィードバックされて自分にもプラスになることである。欲がでたり世の中の原理原則を忘れると、きっと仕事ではない私事をしてしまうのだと思う。そうならないよう、常に「何のために仕事をするのか」をこれからも意識していきたいと思う。



とても興味深い文章です。

では、建築はどうであろうか?と。
勿論人のために時間、労力、能力、技術その他さまざまなことを
全力で費やしているが、一方では自分の拘りやその他のことを
実現しようと全力で行っている部分もあるのではないかと思う。
非常に難しい仕事(私事)ですね。

コメント

 いろいろな生き方があるので生活のための仕(私)事ということは否定しませんが、建築、特に個人住宅の設計は"仕事"でないと成り立たないのでは?
 施主の主義、主張を読み取って形にする事が第一ですし、そこにのめりこむ集団がゼロワンだと思っています。 生活するため、設計士の好きな様に設計された家には私は住みたくないなあ(辛口ですいません)... 
 建築は見た目で派手な部分はわずかで ほとんどは地味な作業ですが だからといって仕事が私事になった時点でその人の建築家としての成長は止まると自分は考えています。
  1. 2005/08/11(木) 22:12:01 |
  2. URL |
  3. ウラル #-
  4. [編集]
仕事論、なるほどなあと思いましたが、結局のところ、「仕える事」も「わたくし事」もその意識や解釈によって表にも裏にもなり、共存するのではないでしょうか。

あえて反対から見た仕事の持つイメージを考えると
一部では「お仕事」「お役所仕事(失礼)」と言ったように悪いイメージで使うこともあります。
取り組む姿勢から見ると魂やハートを込めない、処理的な作業をお仕事と呼ぶこと、あるかもしれませんね。
一方では責任と言うキーワードから見ると、仕事と言う言葉はガゼン重みが出てきますね。

仕事である以上効率も必要。必要以上な思い入れや、のめりこみはNG。となれば
ものを作る人たちにとっての命の部分。一番時間もかかり、考えると言う大事なところがNGになってしまうし、困ったことに、その部分を省略しても仕事として成り立ってしまう社会もあるわけ。
となると、この仕事論、実はマズローの法則に通じてくるのかな。
http://01blog.blog5.fc2.com/blog-entry-36.html
  1. 2005/08/12(金) 13:32:21 |
  2. URL |
  3. 伊藤 #GVtlOqMc
  4. [編集]
 「お仕事」という悪いイメージの言葉は01スタッフが書かれている「私事(しごと)」だと理解しての自分の意見だったのですが。 言葉の定義があいまいなので人によって受け止め方が異なるようですね。

 基準は「プロフェッショナル」だと考えます。 ある部分にこだわるにしてもプロフェッショナルなモノなのか体面的なのかただの趣味なのかで私事か仕事か分かれると。

 そのような意識を持ちつつ人に仕える中で自己の実現も図れるのが理想だと思います。 具体的に言うと5年後の自分を意識しながら仕事をするということです。
  1. 2005/08/12(金) 17:05:44 |
  2. URL |
  3. ウラル #-
  4. [編集]
URL: