自由設計の楽しさ [01スタッフより]

staff nakano

ゼロワンの創作住居(コーポラティブハウス)の魅力は、集合住宅の住空間を、自分の思い通りに出来る自由度が大きい点にあると思う。
自由設計の楽しさを言葉で説明するのは難しい。優秀な設計スタッフが揃っているのでコーディネーターがプランを考えることは殆ど無いのだが、自由設計で何ができるの?ということを考えてみた。

参加者募集中の西原プロジェクト。B住戸のプランを変更したのだが、これがなかなか良い住戸が出来そうである。個人的に、こんな家に住みたいというのを描いてみた。
プランB

変更後のB住戸は、南側に大きな吹き抜け空間が創れる。この部分は、日当りも良く、緑道側と視覚的にも繋がる。
ここに木を植えてみたい。吹き抜けになっているので、天井高も5m以上確保できるから、3~4m位の樹高であれば窮屈にはならないだろう。室内の壁面緑化や床面緑化も、照明を組み込んだユニットと併せて配置したい。
戸外の緑道と、室内の植物が視覚的にマッチすれば、楽しい空間になると思う。

こんなインドアグリーンのスタイルは、自由設計だから可能になる。住んでみたいと思いませんか?

コメント

ブログの内容と全く関係なくてすみませんが、livedoorでこんな記事見つけましたよ。
  1. 2005/11/01(火) 19:35:42 |
  2. URL |
  3. artizm #-
  4. [編集]
K9 Style Oneは、新聞やテレビでも紹介され、ゼロワンも設計者として雑誌の取材を受けております。
基本設計の段階でペット共生の集合住宅をオーナーに提案していたのですが、竣工後にこうして注目されているのは有難い事です。
  1. 2005/11/02(水) 16:57:36 |
  2. URL |
  3. staff nakano #sZuoGHFE
  4. [編集]
吹抜けに木を植えるアイディア。いいですね。
オフィスのトップライト付き吹抜けに木を植えて「アトリウム」というスペースを作る考え方に通じるものがありますね。

B住戸の吹抜け部分は当初外部空間として設定していたのですが、その理由は中庭の緑と緑道をつなぐ緑のネットワークとして考えてたから、プラン改良で内部になったときに、木を植えると、中庭~緑道との連続間が生まれて楽しい空間になりそうです。

nakanoさんが住むんだったら、仕事が忙しくて水やり忘れそうだから、サボテンぐらいにしておくのがよさそうですよ~
  1. 2005/11/05(土) 11:11:58 |
  2. URL |
  3. 2dk-hn #-
  4. [編集]
URL: