身近な車窓から [murmur語録]

最近では現場に行くときはなるべく電車で行くようにしている。
雨の時なんか、本当は車で行きたいけど今日もきちんと?電車だ。
そのおかげで思わぬ発見!

20060704175140.gif

(*今日は何とか雨が降らずにもってますね。明日からは心配だけど、、と言うことで、少し前に書き溜めておいたネタです;すみません)
発見、それは渋谷から井の頭線で明大前までの短い時間、
車窓からみえたアジサイの美しさ。
日常的な風景の中で、不意に飛び込んできたからなのかなあ?
大げさに言えば、アジサイに気品さえ感じた。
雨に濡れていっそう鮮やかに写る花の色は本当に梅雨時の華そのもの。
しっとりと上品で奥ゆかしい彩なのですが輝いて見えました。
淡く微妙な色彩り、青から紫、ピンクに白。。。
特に何色もあるさまざまな青が美しい。

箱根登山鉄道は夜もライトアップされたアジサイが美しくて有名ですが
こんな身近なところにもさりげなくきれいなアジサイ群があったのですね。
京王電鉄が環境保全もかねて植えたらしいです。
いやあ、京王もさることながら、アジサイ!見直した。
梅雨の間に北鎌倉のアジサイ寺にでも行ってみたくなった。

20060704175200.gif

アジサイが美しさの本領を発揮するのは、やっぱり雨の下でさまざまな色のアジサイが彩豊かに咲いている様がベスト。単体じゃ、ちょっと弱い。と言うのもアジサイは花の色が土壌のpH濃度や咲き始めと終わりのころでも様々に変化するので、「七変化」とも呼ばれるらしいが、そのさまざまな彩りこそが最大の魅力。鑑賞するにはある程度のボリュームが必要と言うことなのだ。
(すっかり、花好きになったのは歳のせい???まずい;;)


URL: