仙川敷地 [プロジェクト進行中!]

staff nakamura

桜木町や学芸大学のコーポラティブ候補地などは、残念ながら先に買い手が現れたりなどなどで見送りになったので、それ以降も積極的に土地の情報を集めては、具体化できそうな案件があれば見にいく日々です。
それにしても最近は土地が高い!!路線価なども上昇していますが、主要駅に関しては、ちょっとバブルを彷彿するような値上がりの箇所もあり、なかなか苦戦を強いられています。

そんな中でも、なんとか次はすこし世帯数も多めのコーポラティブハウスが出来ないかなと、調布市へも足を伸ばしてみました。今回の敷地は調布駅ではなく、最寄り駅としては仙川駅になります。23区外となると都心へ遠いというイメージの方がいらっしゃるかもしれませんが、電車で新宿へ約20分、渋谷へ25分弱、東京へも約40分と以外にアクセスが良いのです。

andost

駅を降りてから、安藤忠雄さんが手掛けた建物が並ぶ通り(写真の通り)を経て敷地へ。他にも建築家が作ったと思われる建物を幾つかみかけます。この場所にゼロワンでも街をぐっと引き立てる建物が建てられるといいなあなんて、想像をかきたてられるような立地です。

のんびりとした雰囲気が残る界隈ですが、駅前の商店街は活気があり、平日の昼間でも多くの人が往来していました。数分歩いたところにクイーンズ伊勢丹もあり、こだわりの食材などはこちらで調達できそうですね。

都心には無理なく通えて、且つ郊外のゆったりさが残る街、こんな場所にコーポラティブハウスを計画出来たらいいなあと思えるような街でした。もう少し、詰めて検討して行きたいなと思いますので楽しみに、お待ち下さい!!

URL: