FC2ブログ


御前山(奥多摩) [建築家のオフタイム]

御前山(ごぜんやま)、奥多摩三山の一つ、標高1405mの山に友だち夫婦と登ってきました。
今回のお目当ては、4月下旬から5月始めに咲くという自生するカタクリの花!もう、今しかないでしょうと言うベストタイミングのはずで、コースは群落地のど真ん中を歩く月夜見第2駐車場から御前山のピストン、距離的にも無理のないコースです。
20070510175451.jpg

9時半に登り始めと言うより、歩き始め。なんと、このルートは珍しいことに下りからのスタートなのです。後で登るのは判っているのだから、あまり高度を下げたくはないのですが、いきなり100mほど高度を下げるほどの急勾配で、歩き始め早々に帰り路が心配になります。その後は当り前のように登りになり、予想通り先ほど下ったことが恨めしく思えてきます。
20070510182030.jpg

20070510175804.jpg

とは言え、防火帯と呼ばれている幅広い登山道はとても歩きやすく、ヒノキの植林帯や明るい広葉樹の林などを抜けると、ほどなく小河内峠に到着です。視界が開け、眼下に奥多摩湖が見えます。
20070510175621.jpg

この後、急な登りや細い尾根歩きが続き、惣岳山(そうがくさん1341m)を経た登りはハイキングムードから山のぼりらしい雰囲気になってきました。
20070510175741.jpg

お目当てのカタクリなのですが、群落と言う感じには程遠く、ポツリポツリと枯葉の中に埋もれるように咲いていました。かつては一面咲き誇っていて、息を呑むほどの光景だったようですが、ここ数年は数が激減してしまったらしいのです。原因はわかりませんが、とても残念なことです。数が少ないせいか、カタクリの存在感はかえってきわだち、見つけたときの喜びやその優雅で可憐な姿にしばし足が止まりました。
20070510180510.jpg


カタクリの自生地を抜けるとそこは山頂。カラマツがとてもきれいな広い山頂です。さっきまでのすきっとした天気は影をひそめ、富士山は見えませんでした。
20070510180602.jpg

が、しかし今日はいつもとは違うランチ!
友だち夫妻がご馳走を持ってきてくれています。チキンのハーブ焼やアスパラベーコン、卵焼きに巨大なおにぎり。負けずにぼくらも肉団子にクリームチーズ、バケット、ビールにワイン。。。いつになく豪華でバラエティにとんだランチなのです。でも、一番のオカズではなく友達なのかもしれません。
20070510180637.jpg

細かい迂回ルートが何本かあるこのコース、帰りは来た路とは違うコースを選びながら下山しました。里山のようなアップダウンや険しい山奥のようなガレ場などを経て15時前には駐車場に戻りました。
20070510182426.jpg

20070510180822.jpg


やっぱりゴール直前(スタート地点)の登りは汗びっしょりで疲れたけど、今回は余裕だった。なんて思っていたら、車で走り出した途端にフロントガラスに雨粒が・・・んー、やはり山の天気は変わりやすい。。。
この後、「檜原温泉センター数馬の湯」http://www.t3.rim.or.jp/~gy01-kh/に寄って体をほぐして汗を流し、喉とおなかを満たして帰路へ向かいました。
URL: