FC2ブログ


櫛形山 [建築家のオフタイム]

梅雨前線が停滞して、台風が来て、、、水がめは一杯になっていいんだろうけど、やっぱり青空が恋しくなってくる今日この頃、ちょっと前のレポートになりますが、一足早い真っ青な夏空のもと、夏先取りのトレッキングの報告です。

■櫛形山(くしがたやま、2,052m、山梨県)
日時:2007/06/23

北尾根登山口→平成峡→アヤメ平→裸山→櫛形山山頂
→原生林コース→アヤメ平→唐松岳→アヤメ平→北尾根登山口

20070717170434.jpg


展望台のある見晴らし平ら駐車場から登山道に入るところ。
ちょっと待って、クマが出るって!ジェイが看板に釘付けです。
ん??なんで、ジェイが??さすがに、おまえには読めないだろう??
しかし、いたるところで、クマの目撃情報があるんですね。
20070717170520.jpg

登りだしてしばらくのところで、平成峡を巡る迂回コースに入りました。平坦で青空と緑のコントラストがとてもきれいなコースです。
20070717170533.jpg


合流点に戻り本コースへ戻るところです。
ちょっと時期が早いので、山上のアヤメ平の花の群生はあきらめていたのですが、こんなところで、アヤメの花がきれいに3輪咲いていると言うことは・・・?ちょっとだけ、期待がわいてきます。
20070717170546.jpg

東洋でも屈指のアヤメの大群生と言われるこの地は水分が多いのでしょうか?樹木の足元は大きなシダが多い茂っています。
木漏れ日とシダの群落はまるで原始時代のイラストのような光景っぽく僕には見えました。
20070717170556.jpg

日当たりの良い所は一転して、シダはなくなり笹のような下草に変わります。それにしても、日本とは思えないようなさわやかで美しい景色が続きます。
20070717170643.jpg


アヤメ平らの高原です。途中ちょっぴり期待させたアヤメの花は、ものの見事に1輪も咲いてません。が、それ以上に感動の絶景!何があるわけじゃないけど、高原と樹木と空が見事です。こんなきれいなところがあるんだと、しばらく足が止まります。
20070717170702.jpg

何人もの人が歓声を上げてしゃがみ込んでます。
へえ、なんかの食虫植物かですか?と、とぼけた質問をしてしまいましたが、聞くとこのちょっと地味めな花は、絶滅危惧種でレッドデータIA類、(絶滅危惧IA類(CR):ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種)に当たる、とてもとても貴重なキバナノアツモリソウと言う日本固有のランの仲間の花らしいのです。
http://www.jpnrdb.com/rdb_category.html
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050306616
アヤメの群生は見れなかったけど、こんな貴重な花を見ることができたなんて、かなりラッキーだったのかもしれません。
20070717170714.jpg

お昼は裸山の山頂で取りました。正面は甲斐駒ケ岳など南アルプスが見えるはずなのですが、木が覆い茂りすげていて葉っぱの間からちょっと見える程度でした。
20070718145315.jpg


丘を越えても、森を抜けても、とにかくきれいな景色が次々と飛び込んできます。緑だけでも十分きれいですが、ここもアヤメが見渡す限り咲き誇るそうです。
20070717170728.jpg

僕の大好きな唐松の森、明るく下草にも日が当たっています。
20070717170741.jpg

かなり年老いた唐松なのでしょうか、立ち枯れた木も結構見受けられます。ハリーポッターやロード・オブ・ザ・リングの映画に出てきそうな感じの森です。
20070717174942.jpg


20070717175030.jpg

人がマメ粒くらいに見えるの巨木もあり、人工林ではありえない自然な姿の明るい森です。
木の枝にはとろろ昆布ようなものがあちこちで絡まっています。これはサルオガセ(猿尾枷、猿麻桛)というらしく、「樹皮に付着して懸垂する糸状の地衣」(広辞苑)。霧藻ともいう。ブナ林など落葉広葉樹林の霧のかかるような森林の樹上に着生する。その形は木の枝のように枝分かれし、下垂する。。。とのことです。
20070717175012.jpg

20070717175041.jpg

甲府盆地と富士山が見えました
20070717175050.jpg

なんなのでしょう?透き通るような白い植物。キノコのような、違うような・・・
ムーミン谷に生えていそうな生き物って感じですね。
20070717175058.jpg



追記:その後ニュースで今年2007年のアヤメは壊滅的な状態で最盛期には3000万本の自生を誇っていたのが、今年はたったの30株程度しか見られないと報じられていました。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2007/07/10/4.html
確かに、あの時期に、アヤメは葉っぱさえもありませんでした。、本当にあと半月もしないで紫の花で埋め尽くされるとは思えないと、感じていたのは正しかったんだなあと、複雑な思いです。ここも異常気象の影響なのかな??恐ろしい。。。。。
URL: