アオハダ [建築と植栽]

staff 高本

自由が丘J-Patio。以前、ドラマのロケ現場として、
使って頂いたことのあるエントランス。
そのシンボルツリーは「アオハダ」です。
「表面の皮」が薄く、その皮がめくれると青みのある緑が見る事で、
この名前がついたそうです。
最近、「アオハダ」はシンボルツリーとして人気急上昇です。

アオハダより
その理由は
5、6月頃に咲く白く小さい花と
秋に紅葉する葉っぱと赤い小さい果実。
様々な表情を見せる「アオハダ」は季節の変化を感じさせてくれます。
アオハダ全景

また、雨に濡れると幹が青みかかった色となり、コンクリートのグレイ
によく映えます。
そのきれいなコントラストが魅力的で、設計として使いたい樹木の一つです。

「アオハダ」
属名 モチノキ科 モチノキ属
学名 Ilex macropoda
花期:5~6月 果期:9~10月
樹高:8~10m。
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯
特徴:落葉高木 雌雄別株
   葉身は卵形~広卵形。
   果実は核果で直径約7mm、赤く熟す。

URL: