住まい訪問 Vol6 [プロジェクトその後]

staff nakamura

住まい訪問、今年の第一弾はN'sBauS邸を取材させて頂きました!

N'sBauでは8住戸のうち4住戸がトリプレットタイプ、S邸もトリプレットタイプのうちの一邸です。通常の分譲マンションの場合、フラットタイプが圧倒的に多いのですが、ゼロワンのコーポラティブハウスでは、メゾネットやトリプレットの比率が多数を占めています。フラットにはフラットの魅力がありますが、2層に渡る吹き抜けや、今回のS邸の様に階層によってゆるやかに仕切り、同じ階の中では仕切りを最小限にすることで、つながりとメリハリの両方が成り立ち易いのは、多層構成ならでは!!

satoutei1

住まい訪問コーナーではRCの直線タイプの階段を取り上げましたが、S邸には写真の螺旋階段もあり、二つの階段の素材や形状の違いも、空間をより豊かなものにしています。 ガラス扉

こちらの写真も住まい訪問には載せられなかった玄関部分。ここでも、ガラスの扉から、光がたっぷり差し込んでいます。

Sさんご夫妻がお話された中で、印象に残った事の1つが、担当になった設計スタッフとセンスが合い、正に一緒に作り上げたという実感が強かったというコメントでした。N'sBauの中で、ご自分達も含め、それぞれの住まい手に合った設計スタッフが担当になっているなあと感心されたとか。コーポラティブハウスは1年以上の長いお付き合いになる事が多いので、センスや相性というのは大事な要素の1つだと思っているだけに、お二人の率直な感想が、殊更嬉しく感じられました。

S邸こだわりの住まいはこちらから。
URL: