FC2ブログ


配筋検査を連続で。 [プロジェクト進行中!]

staff..makoto toda

まずは先週末、鉄骨造3階建て、江戸川区Skt Houseの基礎配筋検査を行いました。

配筋検査

敷地が三角形のため、勿論配筋も三角に取り合います。角部は結構混み合った感じです。
しかし、基礎梁などは出来るだけ同形状にてシンプルにしたため、問題なく配筋されていました。
この日は猛暑で、構造設計・現場監督と共に汗だくの配筋検査でした。
打設後はいよいよ鉄骨の建て方が始まります。
続いて今週初め、木造2階建て、世田谷区Nkn Houseの基礎配筋検査を行いました。

配筋検査

こちらは木造のため、Skt Houseとは基礎形状が異なりますが、こちらも敷地は三角形のため、スラブ配筋は全て長さが異なります。しかしこちらも問題なく配筋完了です。
この日は対照的に天候が優れない日でしたが、私の体調が優れないという日でもあり、一人だけ汗だくの配筋検査でした。
こちらも打設後、建て方に入ります。

全く異なった構造体での住宅がほぼ同時に進行していき、ほぼ同時期に建て方を完了(上棟)します。
そして8月末~9月初旬のその時期に、いよいよ骨格が姿を現します。


URL: