FC2ブログ


「SUMIKA Project」に行ってきました2 [01スタッフより]

staff まるやま

東京ガス主催の「SUMIKA Project」レポートの第2弾。
今回は4棟ある建物の残り2つ、藤森照信さん・藤本壮介さんの設計した住宅についてです。

gaikan.jpg


タンポポハウス・ニラハウス・・などで知られる藤森照信さんのコールハウスはまっくろな焼き杉に覆われた温かみのある建物でした。人類のすまいの原型のひとつである洞窟をモチーフに、「九間」「茶室」など古くからの日本の住宅の考え方を用いてプランニングされています。




naka.jpg

cyasitu.jpg

大きな開口部のあるリビング(九間「ココノマ」)では、高い天井と地面よりも低い位置の床にはさまれて、ぺたっと座っていると包まれているようななんともほっこりしたかんじがします。
2階の茶室には、主人は寝室の小扉から、客人は外からはしごを使って入ります。他にも大人が登りにくいように間隔の狭いはしごで入る子供部屋があったりと遊び心溢れた家で、今回の3つの中で一番住みやすそうな住宅でもありました。


fgaikn.jpg

藤本壮介さんの「House before House」は、家を町ととらえて、原初的な住宅の在り方を家・町・森が混じり合ったようなものとして考えられています。
小さな白い箱を積み上げてできた住宅はおもちゃ箱のようで、はしごや階段を上り下りして箱から箱、部屋から部屋へとつながり、敷地全体がひとつの家になっていました。

箱は全部で12個で、子供だったらもっと楽しめたのに!と思ってしまうような狭い空間もあり、とても楽しめましたが翌日は筋肉痛に悩まされました。ちょっと住むのは難しそうです。。
コンセプトやデザインだけではなく住宅には何よりも住みやすさが大切なのだと改めて思います。

situnai.jpg


余談ですが、ドアたくさんあるのでいったい鍵は何個あるんだろうと思っていましたが、全部一つの鍵で開くそうなのでほっとしました。しかし出掛けるときはきっと大変ですね。。


コメント

なるほど鍵ね、気がつかなかった。あと、それぞれの部屋へは外からアプローチするんだから各部屋の中に傘たても必要かもしれない・・・外に置けたほうがかわいく処理できそうだけど。。。。なんて、現実的な話もあるけど、可能性を秘めたなかなか魅力的な「スミカ」だね。
藤森さんのは暖炉が象徴的に、ほのぼのとした暖かさを感じる。ボクトツと素朴なのかと思いきや、思いのほかディテールもしっかりとしているし、気配りが行き届いているので素直に驚いた。かなりまじめに「すまい」をつくってる。笑)
  1. 2009/02/24(火) 18:23:54 |
  2. URL |
  3. いとう #GVtlOqMc
  4. [編集]
傘立て必要ですね。気づきませんでした!行った日は曇ってましたが、晴れた日はとても気持ちよさそうですね。木が緑色の季節に行ってみたいです。
藤森さんの暖炉は焼き芋もやけるそうですよ。扉のつまみも可愛らしかったです。
  1. 2009/02/26(木) 15:11:54 |
  2. URL |
  3. まるやま #-
  4. [編集]
URL: