理想の万年筆 [Goods]

急に万年筆が欲しくなり、「理想の万年筆」で検索をしていたら、“ 『ミスター万年筆』と称された作家、故梅田晴夫氏と研究グループにより設計された理想の萬年筆。”と紹介されていたペンを見て驚きました。こっこ、これ!持ってる!!引出しをあけて見ると、そこに眠っていた古びた万年筆は30年前に買ったプラチナの#3776ギャザード、理想の万年筆と言われているペンそのものでした。
3776全体

#3776は日本一の富士山の標高にちなんだネーミングで、文字通り日本で一番を目指した代表的な万年筆といわれているそうです。捨てようかと思ったこともあったこんなペンが・・・なんとも、無知とは恐ろしいもので、正に宝の持ち腐れとはこういうことを言うでしょうね。今でも復刻版が売られているようで、現役のロングセラーなのだそうです。単純なもので、そんなことを知ったらすっかりうれしくなった僕は早速ペンのメンテナンスに取り掛かっています。

http://www.nakaya.org/3776.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/43349121.html
http://fountain319.tm.land.to/fountain-pen/knowledge/study6.htm
ペン先

さすがにいろいろなところでこのペンのことが取り上げられてますね、それによると眠っていた僕のペン先は、当然のように初期モデルです。(これって価値があるのかな??笑)

ちなみに理想の万年筆とは?
設計思想1:軸は太くなければならない
設計思想2:ペン先は大きくなければならない
設計思想3:愛蔵に耐えなければならない 一本一本がすべて手作り。
設計思想4:手にフィットしなければならない

判ったような、判らないような・・・・これらの思想をすべて形に置き換えたのが#3776なんだそうだけど・・・特に今の僕はパソコン中心の生活になっちゃてて、ヘビーユーザとは全くかけ離れてるせいもあってか、個人的嗜好からすると、理想の万年筆と欲しいペンとはちょっとイメージが違ってる・・・・

コメント

昔はウォーターマンでしたが今は安いペリカンです。
カートリッジの替えインクが海外でやたら安かったので大量に買ったせいもあり今でもペリカンを使ってますが、3776の書き味ってどんなかんじか気になります...
  1. 2009/03/17(火) 22:40:15 |
  2. URL |
  3. うゆき #-
  4. [編集]
ペリカンの何を使ってるんですか?今度見せてくださいな。3776もインクを入れたら、お見せしますね。筆圧も強かった若かった頃の変な癖がついちゃってるかもしれないのが、気にかかってます。
  1. 2009/03/18(水) 10:30:25 |
  2. URL |
  3. いとう #GVtlOqMc
  4. [編集]
20年以上の眠りから覚めた3776君。見事に復活!!一昼夜、水に浸けておいて、インクを入れたら、一発ですらすら書けた!!すごいもんですね、ずっとほったらかしていたのに。
  1. 2009/03/18(水) 13:39:32 |
  2. URL |
  3. いとう #GVtlOqMc
  4. [編集]
・・・と思ったら、やっぱりダメかも。一度メンテナンスに出したほうが良いようです。
  1. 2009/03/19(木) 15:53:57 |
  2. URL |
  3. いとう #GVtlOqMc
  4. [編集]
はじめまして。検索をしていて通りすがりました。
#3776のギャザード、私も大好きです。

調子が今ひとつでしたら、(記事内にリンクがありますが)
中屋萬年筆のイベントに持ち込んで、職人さんに
調整してもらってはいかがでしょうか?
(中屋はプラチナの子会社ですので安心です)
都内ですと年内はおそらく11~12月になると
思いますが、無料で調整をしてもらえますよ。
是非、おすすめします。


駄文、失礼しました。
  1. 2009/07/26(日) 10:02:25 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #SFo5/nok
  4. [編集]
URL: