FC2ブログ


巨匠が目指したもの、それを目指すもの-ライト [建築家のオフタイム]

Frank Lloyd Wright (フランク・ロイド・ライト:1867~1959)
近代建築の3大巨匠の一人にあげられることも多いが、実はライトは近代建築を強く否定した。そのライトが提唱したものは「有機的建築論」

1-自然環境との調和。建築は大地から生えているように見えるべき
2-自然に則し、住むのに適した色彩計画
3-材料固有の性質を活かすこと
4-古くなるにつれて、ますます価値が増すようなデザイン
5-建築家の個性の表現が必要

20050411194553.jpg

■落水荘 1935年。ピッツバーグ郊外にある百貨店オーナーの週末住宅

コルビジェやミースとは正反対とも言える提言である。「建築は生活だ」「機能は形態に従う」等モダニズムのスローガンと正反対のことを言い、生涯を通じて、自然との調和や教えを説いた。
これほどの作品群を残し、建築家の個性の表現が重要であると、建築を目指すものにとって魅力的な考えにもかかわらず、現在の設計事務所において、ライトの精神や遺産を継いだ作品を作るところはさほど多くない。それよりもむしろハウジングメーカーがライトを目指していると言える。いや、目指すと言うよりはイメージキャラクターとして利用していると言ったほうが正確かもしれない。
外観の形やイメージを模倣することを悪いとは言わないが、ライトの言わんとしていた真髄を目指して欲しいものだ。当時は自然をテーマにしたことで、やや異端の扱いを受けた感はあるが、今の時代、仕上げや材料、経年変化に対する考えはライトの考え方に共感を覚える人が大半ではなかろうか。

ライトの派手な生活などで反感を感じている人も多かったそうだが、合衆国の国民全体の住環境の向上を目指して、誰でもが手に入れられるローコスト住宅の提案と実践にも力を入れるなど、地道な活動もしていた。共同作業を好んだコルビジェとは反対にライトは単独作業を好み、スケッチからディテールの詰め、家具からタペストリーのデザインまで自身で行ったと言う。
終着点はアリゾナの砂漠の中にタリアセンと言う理想郷をつくり、多くのスタッフたちと自給自足の生活だ。世界中から集まる建築学生の為の建築学校を営むなど教育にも力を注いだ。現在ではタリアセン卒業者は大学卒業の扱いである。

コメント

ポールサイモンが確立された権威に対する、尊敬と反撥の2つの感情を元に「フランク.ロイド.ライトに捧げる歌」を書いた様に、建築界にとどまらず広く国民的にポピュラーな存在で、日本での知名度も抜群だ。個人的にも大好きなS&Gの曲で馴染み深かったせいか、建築の勉強を始めたころは真っ先にライトの本を手に取ったものだ。
  1. 2005/04/14(木) 13:13:50 |
  2. URL |
  3. self #GVtlOqMc
  4. [編集]
ライトが「自然環境との調和」と「建築家の個性の表現」というモダニズムとは違う視点から主張をしているところに面白さを感じます。この主張が一見矛盾しているかのように感じるのは、モダニズムの考え方が僕たちの頭に染み付いているからでしょうか?現代では自然環境との調和を唱える人は大勢いると思いますが、あくまでそれはモダニズムの正反対に針が触れているだけのような気がするんです。
  1. 2005/04/14(木) 17:44:56 |
  2. URL |
  3. New staff うの #-
  4. [編集]
はじめまして。TBありがとうございました。
そして、もう二つ、付けさせて頂きました。日本における主要な作品は体験しました。上にも書かれているように、正しく今現在、ライトの考えに共感しています。
  1. 2005/04/19(火) 23:14:16 |
  2. URL |
  3. wdbear #-
  4. [編集]
はじめまして。こちらからもTBさせていただきました。
wdbearさんは相当なライト好きなんですね。僕はこれまで、それほどライトを意識してこなかったのですが、wdbearさんの写真と上記の投稿をした所長の文章を見ていると、ライト作品を実際に見て、体験したい気持ちに駆られてきました!

今週からは新たにスタッフによる建築家コラムが始まる予定ですので、そちらもご期待ください。
  1. 2005/04/20(水) 17:14:40 |
  2. URL |
  3. Staff たか #iqhSIKS2
  4. [編集]
URL:

帝国ホテル「ライト館」 現・明治村

20世紀近代建築・3大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライトの日本における代表作(1923)です。1967年に解体され、現在は愛知県・明治村に正面玄関部分だけが移築・保存されています。素晴らしい作品だけに、当時の全容を見ることが出来ないのは本当に残念です。しかし、正
  1. 2005/04/17(日) 23:36:56 |
  2. 写真ブログ bears - Leica・ライカのフォトログ。

自由学園明日館

東京・池袋にある自由学園明日館です。1921年、フランク・ロイド・ライトは帝国ホテル設計のために来日していました。その帝国ホテル計画の助手を勤めていた建築家・遠藤新は、自由学園の創設者・羽仁吉一、もと子夫妻にライトを紹介しました。そして、ライトは夫妻の教育理
  1. 2005/04/19(火) 23:10:50 |
  2. 写真ブログ bears - Leica・ライカのフォトログ。

旧山邑太左衛門邸(ヨドコウ迎賓館)

玄関までのアプローチです。灘の酒造家・山邑太左衛門の別邸として、1924年に建設されました。旧帝国ホテル建築のために来日していた際、同時に設計されました。ライトは玄関まで歩みを進める間に、建物の雄大かつ優雅な景観を楽しめるように、と玄関を奥に設計しました。基
  1. 2005/04/19(火) 23:11:21 |
  2. 写真ブログ bears - Leica・ライカのフォトログ。

フランク・ロイド・ライト設計の建物で、建築を学ぼう

先日、仕事で、東京の某広告会社に行った時に、 そのオフィスビルの2階オープンスペ
  1. 2005/08/31(水) 02:33:34 |
  2. 余は如何にして道楽達人になりしか