FC2ブログ


桜上水 歴史探訪 [プロジェクト進行中!]

staff Imamura

先日、所長が何やら自由が丘周辺の地図を探されている時、
「お!こんなものが出てきた!!」
と言って、私の机にポーンと置いたのが、「世田谷古地図」。
しかも、4年代分の地図が揃っているとは!!

早速、桜上水の状況をチェック。

まずは、新しい地図から。
1955年昭和30年
古地図1955

現地には、既に住宅らしきものが建築されていたようです。
少し気になるのが、計画地の東側、現在の桜上水団地の敷地です。
画像では見えにくいかと思いますが、「三井牧場」とあります。
調べてみると、当初は、三井家の方々が飲まれる牛乳を作るために、ジャージー牛が飼育されていたそうです。


次は、1939年昭和14年
古地図1939

上の地図に比べると、さすがに住宅は少なく、田畑であろう土地がかなり多い印象です。
当時は、「桜上水」の地名はなく、上北沢町だったようです。


次は、1929年昭和4年
古地図1929

更に、住宅は少ないのですが、既に、京王線は開通(1913年)していて、小田急線(1927年)や世田谷線(1925年当時の玉川線)も営業を開始した後だったようです。

当時は、関東大震災(1923年)の直後でもあり、焼け野原になった中心地を離れ、世田谷方面に移り住むようになってきたとのことです。そのためにも、都心に通じる交通網の整備が急がれていた頃かもしれないですね。

そして、最後は、1881年明治14年!!
古地図1881

荒玉水道道路もなく、現地を把握することすら困難ですが、現在の緑道となっている水路のおかげで、なんとか位置が掴めました。
画像の右上端の玉川上水から分岐した水路が張り巡らされ、豊かな田園地帯だったんでしょう。



こういった歴史探求は面白くて、ついつい、調べたくなってしまいます。
こんなに年代の揃った古地図を見るのは、初めてですが、なんだか、はまりそうです。


URL: