FC2ブログ


建築家コラム vol.01 / 「孤高の巨匠、ルイス・カーン」 [建築家コラム]

staff たか

Louis I.Kahn (ルイス・カーン:1901~1974)
ルイス・カーンは、コルビュジェやミースほどの知名度はないものの、彼らとほぼ同時代を生きたアメリカ人建築家。建築史を語る上で欠かすことのできない巨匠の一人である。私も彼の代表作「キンベル美術館」や「フィッシャー邸」などはなんとなく知っていたが、今回この文章を書くために様々な文献を読んだ。そしてそれを通して強く感じたのは、「ストイックな建築家像」だった。

luisIK.jpg
リチャード・ギア(?)を思わせるポートレート。そして、光の影のバランス。
カーンの生きたのはまさに建築デザインの潮流がモダニズムからポストモダニズムへと移行する時期と重なり、建築家達は自らが新しい時代を先導しようと躍起になっていた時代。しかし彼が求めたものは、そうではなく、時代に流されず自らの信じる「建築道」(あえてこう呼ぼう)を極めることであった。

『カーンの建築道』とは、『単純な幾何学図形(□△○)を使い建築の平面・立面・断面を構成し、その集合である空間の可能性を追求すること』だと思う。そしてそれがもっとも端的に実現されたのが一連のインド・バングラデシュの仕事だ。カーンはこれらの場所に国会議事堂や病院など、宇宙的な超越感をもつ幾何学的建築を設計した。のちに安藤忠雄もカーンの建築に対してこう答えている。「私がとくに賞賛するルイス・カーンの作品は、アーメダバードにある『インド経営大学』である。明らかに厳格で冷淡な幾何学の図式を用いながら、彼は地元の建築材料を使い、土地の文化と状況に敬意を払った点が見事な建築において、光と影の戯れを作り上げることに成功した。」というふうに。
・・・と、ここまで書いておきながら 僕はまだカーンの建築を理解できてない。なんというか、感覚的に伝わってくるものはあるのだけど、うまくコトバや文章で伝えられないもどかしさ。カーンは作品数こそ少ないものの、詩的な言葉をたくさん残したり、自らの建築について多くのことを語ったりした建築家。これから少しずつ読んでいこう。僕のルイス・カーン研究はまだ始まったばかりだから。

最後に、カーンの息子ナサニエル・カーンが監督として作り上げたドキュメンタリー映画をご紹介。タイトルは「MY ARCHITECT」。日本では劇場公開されていないけどDVDが出ているので、レンタル屋にはあるかも。ちなみに僕も見たいです。また、「カーサ・ブルータス(マガジンハウス)」や「HOME(エクスナレッジ)」から、読みやすいカーンの特集号が出ているので併せて読んでみてはどうでしょうか。

DVD_cover.jpgcasa_bvol52.jpgxkh0401.jpg

「建築家コラム・目次」へ

コメント

誤解を恐れず端的に言い切ってしまうと、カーンの以前の巨匠たちコルビジェ、ミース、ライトは、時代に対する意思と共に手法論がメインであったのに対し、カーンは3人の巨匠の意図するところを巧みに取り入れ、融合させた上に、思想的な要素と哲学的な精神論、歴史観を加え展開させていった。
その言葉はややもすると難解な面もあったことは否めないが、講義における生の声は非常に判りやすいストレートな表現も多かったという。
元東大教授、香山氏によると、カーンは建築をつくることにおいて、もっとも基本的なことは「部屋」をつくることだと、繰り返し強調していたそうだ。人を包み込む基本単位の部屋をしっかりと作ることから設計は始まるということだ。
また、建築家として必要なものは、自分を取り囲む諸々のもの、山や川、空や水、そして様々な人々、それに常に敏感に豊かに応じて物をつくり、空間をつくっていく力(これをカーンは"Nature"と呼んだそうだ)と言っている。
Natureを日本語で自然と当てはめたことがそもそも間違いだろうし、、、
カーンを簡単に説明しようとすると、かえって深みにはまっていくようだ。
カーンは教育者としてもその才能を発揮した。学生に対しても形態の模倣は特に嫌ったという。形態論や手法論でなく精神を教育しようとすると、言葉は抽象的に哲学的になり、難解になって行く。結果、教わる側、読む側に考える時間や機会を与えるという狙いがあるのかもしれない。何が一番大切かというと、それはテクニックの習得や知識の詰め込みではなく、考えることだと言うことなのだろう。
  1. 2005/04/23(土) 15:54:42 |
  2. URL |
  3. 伊藤 #GVtlOqMc
  4. [編集]
ある方から教えていただいたところによると、映画「MY ARCHITECT」が7月から日本でも公開されるようです。楽しみですね~。

「MY ARCHITECT(マイ・アーキテクト)」というドキュメンタリー映画が、アメリカで静かな話題を呼んでいる。第76回アカデミー賞候補にもノミネートされていて、今年の7月には日本でも劇場公開の予定だという。「MY ARCHITECT」の・・・
(asahi.com: 建築家の夢、ルイス・カーンの建築 - 住まいコラム「住まいのお役立ちコラム」)より
http://www.asahi.com/housing/column/TKY200505190199.html
  1. 2005/05/20(金) 20:05:11 |
  2. URL |
  3. Staff たか #sZuoGHFE
  4. [編集]
URL:

インド経営大学(IIM)

home > archi data > overseas > iim|| インド経営大学(IIM)ルイス・カーンの設計によるこの建築はコルビュジェ同様、インドの強い日差しを考慮し計画されているようです。私達が訪れた時も、
  1. 2005/04/26(火) 10:17:59 |
  2. 関西建築見学会(k-art)

映画『MY ARCHITECT』

>>公式HP 監督のナサニエル・カーンは近代建築の巨匠の一人、ルイス・カーンとカーンの愛人との息子である。 ナサニエルが父と関係のある人々を訪ねてまわるというドキュメントである。 しばらく前に鹿児島の建築家協会の主催でこれを見たのだが、字幕等の入る前のオリ
  1. 2005/08/24(水) 11:25:50 |
  2. A-release building workshop