テレビをみていて [01スタッフより]

staff 中島永弼

「遊ぼう」っていうと「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと「遊ばない」っていう。

そうして、あとでさみしくなって、

「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、いいえ、誰でも。

災害後TVを見る時間が増えていると思いますが、
そこでよく見るのがACジャパンによるコマーシャル。
その中で、個人的にとても心に響いたのがこのCMで、
コミュニケーションをテーマにしています。
詩人の金子みすゞの作品「こだまでしょうか」が題材となっています。

震災の後にこれを聞き、
コミュニケーションの大切さをこれまで以上に考えるきっかけとなりました。
一人一人のちょっとした気遣いで世界が変わるのではないか。
大げさかもしれませんが、そんな気さえします。
URL: